カラダ健康美人計画★
~内側からキレイになりたいあなたへ~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2投票

質問 このブログで取り上げてほしい内容は?
お勧めサプリを紹介して!
とっておきレシピが知りたい!
楽しくダイエットしたい!
肌をキレイにしたいの!
若返りの方法!
その他

コメント



- アクセス解析 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

テーマ: 汗をかくと体重が減るけれど・・・ 汗をかくと痩せる?? その3  7月25日(火) (村田)

2006/07/25(火) 11:02:39


汗をかくと痩せると考える人が多いのは、多くの汗をかくと体重が減るという事実があるからです。

 スポーツで気持ちの良い汗をかいて、シャワーを浴びた後、体重計に乗ると「わあ、1kg減ったわ!!」と思わず笑顔を隠せない人も多いと思います。なかにはせっかく減ったから水分を摂らないでおこうなんて考えてしまう人もいるようです。

 しかしこれって本当にダイエットの目的を果たしたのでしょうか? 改めて考えて見ましょう。
 今回は汗の成分について考えてみましょう。

汗をかくということはカラダの水分が失われるということ!!
 汗をかくと何となくベトベトした感じがあります。これで脂肪が分解されて汗になった??なんて考えてしまう人も多いのかもしれませんが、汗の多くはカラダに存在していた水分です。

汗の成分は??
 エクリン腺とアポクリン腺の汗の成分は若干異なり、暑い時やスポーツをした時など体温調節のためにかく汗はほとんどエクリン腺からの汗です。
 このエクリン腺からの汗の成分の99%以上は水分と言われています。それ以外に少量のナトリウムや塩素、カリウムなどが含まれていて、血漿の成分とほぼ同じです。
 汗の成分は汗のかき方、個人差などが影響して変化します。水分以外のこれらミネラル分は、汗腺において再吸収され、上手に汗をかける汗腺が発達した人では、再吸収される率が高くなります。

 スポーツなどで大量に汗をかく場合は、この再吸収が間に合わなくなりナトリウムなどの損失量も多くなります。そしてこのミネラル分の損失が大きいことがカラダに悪影響を及ぼす場合が出てきます。

このように汗には脂肪を多く含むことはなく、ほとんどが水分です。汗をかいても水分が失われ、カラダに身についた脂肪が減るわけではなさそうです。

大量に汗をかいた場合は「体重が減った!!」と喜ぶより、失われた水分やミネラルなどをしっかりと補給することが大切です。

次回は来週、新しいテーマではじめたいと思います。



応援クリックのお願い。
只今、人気ブログランキングに参加中です。この記事を読んで『参考になった!』と思った方は下のアイコンを1日に1回クリックしてブログランキングのアップにご協力お願いします。
皆様の応援クリックが大変励みになります!

スポンサーサイト
ダイエットTB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

プロフィール

Author:quickkenshin
村田 浩子【管理栄養士・健康運動指導士】

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 カラダ健康美人計画★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。