カラダ健康美人計画★
~内側からキレイになりたいあなたへ~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2投票

質問 このブログで取り上げてほしい内容は?
お勧めサプリを紹介して!
とっておきレシピが知りたい!
楽しくダイエットしたい!
肌をキレイにしたいの!
若返りの方法!
その他

コメント



- アクセス解析 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

テーマ:都会の人は、そして子供も、よく歩く・・・・ 3/2(木)(村田)

2006/03/02(木) 16:58:18
トリノオリンピックの熱がまだ冷めない私・・・。
最近は女子フィギュアの選手達に影響されてか?暇さえあれば柔軟体操!!しかし不思議なもので、 1週間も続けていると、カラダは柔らかくなってきているのを実感しています。やはり歳だから・・・とあき らめてはいけないですね。
 このように日々の生活の中で少しでも体を美しく鍛えようと細々と実践しているわけですが、最近 あらためて気づいたことは都会に暮らす人はよく歩くということ。先日、娘のバレエのレッスンの時に、 転勤族であるママ友達と話していたら、「東京に来る時に車を処分してきたのだけど、お陰でよく歩く ようになった、前はちょっとコンビニに行くのでも車だったから・・・」ということでした。
 確かに我が家も毎週のバレエのレッスンで区のスポーツセンターまで、片道2kmの道のりを次女を 乗せたベビーカーを押しながら私と長女は歩いて通っています。駐車場がないので仕方がなく。そして お友達も歩いて通っています。4歳の子供にしてはよく歩くなあと感心しています。おまけにバレエの レッスンもするのでかなりの運動量。そして近隣の幼稚園は通園バスがなく、車の駐車スペースもない ので、徒歩通園が主流です。
 しかし、よく歩くから・・・と娘達のバレエのレッスン中に、私はママ友達といつもの紅茶屋さんで ケーキを食べながら、おしゃべりに花が咲いてしまっています。消費エネルギー分はしっかり摂取して います。だからダイエットが進まないのですが、下の子をベビーカーで寝かせて、ママ達とホッとする 一時を楽しむのが、すっかり習慣化してしまっていて、やめられそうにありません。

毎週、下の子たちをベビーカーで寝かしつけて、ぞろぞろとママ達3人組は通っています。
ここのスコーンと紅茶のセットで約40分間、おしゃべりに花を咲かせています。店員さんたちにもすっかり覚えられているような・・・。
20060302152855.png

歩くことの効用

 改めて言うまでもなく歩くことは良いことですが、私なりの視点で考えてみると・・・

・手軽にできる運動、そしてお得
 ジョギングだとウエアやシューズを考えたりしますが、「歩く」だけならまずは普段着で玄関から外に出ることで始められます。理由をつけて動かない人にとっても始めやすい運動です。そして、距離を稼げばバス代や電車賃が節約でき、歩いたことに対する「見返り」も実感しやすい。
・歩くことは人間にとって基本的な動作、そしてアンチエイジングのために筋力維持
 歩くことは全身運動。そしてカラダの機能を維持するためには、この基本的な動作を行うことが大切です。上手に歩けば筋力の維持に、トレーニングにと応用できます。簡単なところでは、背筋を伸ばして、お腹を引っ込めて歩幅を広くすることを意識して歩くだけでも、姿勢を保持する筋肉のトレーニングにもなります。また最近は色々なウオーキングセラピーもありますので、目的別に色々な効果が望めますが、女性にとっては美しい動作のための、そして加齢による様々な悪影響からカラダを守るために行う運動として応用されています。
・生活習慣病予防のための欠かせない運動
 歩くことは有酸素運動で、カラダにとっては脂肪の燃焼に適した運動です。そのため、生活習慣病予防のためには日常生活に出来るだけ取り入れてほしい運動で、私の経験から、健康診断結果で栄養相談を指示された方の中には、「食事の注意と、まずは運動不足の解消のために歩くことを中心に活動量を増やしてください」というアドバイスをされることが多いように思います。
・歩くことは情報源
 歩くことで目や耳、肌などから多くの刺激が得られ、情報が得られます。家の中にいるだけでは得られない非常に多くの刺激をカラダは受けることになり、活性化されます。本や雑誌、インターネットなどから得られる情報以外に、実際に自分が歩いて得られた情報は多いことに気づかされます。
・歩いて家族との、お友達とのコミュニケーション
 娘が4月から通う幼稚園では徒歩通園が基本ですが、「親子のコミュニケーションを図るためにも・・・」という目的があるようです。確かに子連れで歩くとイライラすることが多いのですが、それより子供が発見する様々なことに親が教えられることも多く、車や自転車に載せて移動する場合より多くの会話をしている事が多いものです。また近所のおば様たちが暗くなってからウォーキングしている場面に遭遇すると、足とともにお口もよく動いているのをよく見かけます。

これからの少子高齢化時代、この「歩く」ことは日本を救うために大切なことかもしれません。少なくとも介護予防のために、高齢者の健康づくりのテキストにはあらゆる角度から歩くことの効用が書かれています。
どこで暮らしていても、安全を考えて歩くことが出来るように生活全体を見つめなおして生きたいものです。

この記事を読んで『参考になった!』と思った方はクリックをお願いします!
皆様の応援クリックが大変励みになります!

スポンサーサイト
健康TB:0CM:0
<< 今日の気になるサプリメント「花粉症対策その2 甜茶」 3/3(金)ホーム全記事一覧今日の気になるサプリメント「花粉症対策その1 ペパーミント」 2/28(火)(村田) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://quickkenshin.blog16.fc2.com/tb.php/129-2231f00e

プロフィール

quickkenshin

Author:quickkenshin
村田 浩子【管理栄養士・健康運動指導士】

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 カラダ健康美人計画★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。