カラダ健康美人計画★
~内側からキレイになりたいあなたへ~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2投票

質問 このブログで取り上げてほしい内容は?
お勧めサプリを紹介して!
とっておきレシピが知りたい!
楽しくダイエットしたい!
肌をキレイにしたいの!
若返りの方法!
その他

コメント



- アクセス解析 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ダイエットでカラダづくり!!その2 丈夫な骨づくり② 5月12日(金)(村田)

2006/05/12(金) 00:58:55
カルシウムについて


  5.12はな
 カラダの中にカルシウムはどのような割合で存在するかと言うと・・・・・

骨や歯に99%
細胞内に約1%
血液中に約0.1%

こんな状態です。

骨はカラダを支え、運動や様々な活動を助けたりするのと同時に、カルシウムの貯蔵庫の役割をしています。

そして細胞や血液中に存在するカルシウムはカラダの中ではわずかな量ですが、ヒトが生きていくうえでは、重要な生命現象に関わっています。例えば、


 ・筋肉の収縮や弛緩・・・筋肉運動を考えてください
 ・血液凝固・・・出血したときに傷口の血液が固まって
        これ以上終結しないようにとフタの役目をしますね。
 ・ホルモンや消化酵素の分泌


 これらの生理現象を維持するために血液中の約1%のカルシウムは一定量保たれています。これが不足すると、貯蔵されている骨を溶かして血液中のカルシウム濃度を保とうとします。
 そしてこの状態が続くと、骨からカルシウムが溶け出す状態が続き、骨がスカスカになってしまいます。

 女性の場合は特に妊娠や出産、その後の授乳などによってカルシウムの目標量は変化します。さらにカルシウムの吸収率は年齢とともに低くなるとも言われています。

 また、カルシウムの吸収率は他の栄養素にも左右されます。
 主なものにリンは過剰に摂取した場合、カルシウムの吸収を妨げます。近年の食生活では加工食品を中心にリンの摂取量が増えているので、このあたりも気をつけたいところです。
  牛乳

 牛乳・乳製品、小魚、海藻類などカルシウムを豊富に含む食品を食事の中にバランスよく取り入れ、カルシウム不足が起きないようにしましょう。




この記事を読んで『参考になった!』と思った方はクリックをお願いします!
皆様の応援クリックが大変励みになります!

スポンサーサイト
ダイエットTB:0CM:0
<< ダイエットでカラダづくり!!その2 丈夫な骨づくり① 5月15日(月)(村田)ホーム全記事一覧ダイエットでカラダづくり!!その2 丈夫な骨づくり① 5月11日(木)(村田) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://quickkenshin.blog16.fc2.com/tb.php/166-3e7713d7

プロフィール

quickkenshin

Author:quickkenshin
村田 浩子【管理栄養士・健康運動指導士】

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 カラダ健康美人計画★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。