カラダ健康美人計画★
~内側からキレイになりたいあなたへ~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2投票

質問 このブログで取り上げてほしい内容は?
お勧めサプリを紹介して!
とっておきレシピが知りたい!
楽しくダイエットしたい!
肌をキレイにしたいの!
若返りの方法!
その他

コメント



- アクセス解析 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今週のテーマ:紫外線は美肌の敵!!きれいな肌を取り戻そう!(その1) 8/22(月)

2005/08/22(月) 22:32:33
毎日暑い日が続いていますがみなさん夏を満喫していますか~?
暦の上では立秋ですがまだまだ暑さは厳しいですよね(>_<)
少し出掛けるだけでも肌がじりじりしちゃいますよね(@_@;)
そんな暑い夏にみなさん紫外線対策をきちんとしていますか?
知らず知らずのうちに紫外線を多量に浴びて、肌にダメージを与えてしまっているのです。
放っておくと後悔することになってしまいます。(;;)

★日焼けは美肌の敵★
日焼けは日光を浴びると起こりますが、赤くなってヒリヒリするタイプと色素沈着して褐色になるタイプに分かれます。
シミとは、顔の皮膚にできる褐色の色素沈着のこと。
目の周りや頬、額ができやすいところです。
日光に当たると表皮の一番下の基底層にあるメラノサイトの働きが活性化され、メラニン色素を作ります。
メラニン色素が表皮に現れてくると皮膚が黒くなります。
日焼けした後は肌の新陳代謝が乱れ、メラニン色素が残って皮膚の内部に沈着します。
これがシミの素です。
紫外線を浴びすぎると皮膚の免疫力が低下したり、活性段素を発生させて皮膚細胞の遺伝子が傷ついたりします。
日焼けを繰り返していると、細胞の再生が正常に行われなくなり皮膚がんを招くことに!!
日焼けで赤くなるタイプの人は、メラニン色素が産生されにくいのです。
つまり紫外線の害を受けやすいので注意が必要です。

★本日の栄養素★
みなさん日焼けといったら何を思い浮かべますか?
代表的なものはビタミンCですよね!
今回は美肌の味方、『ビタミンC』についてお話したいと思います。

ビタミンCは皮膚や骨、血管などの結合組織を構成するコラーゲンというタンパク質の合成に不可欠なビタミンです。

豆知識
ビタミンCを多く含む野菜やフルーツと肉や魚などのタンパク質が豊富な食材を一緒に摂ることで、コラーゲンの生成が活発になるといわれています!


またビタミンCは細胞を傷つけて老化を早める活性酸素の発生を抑えてくれます。
さらにメラニンの生成を抑える、メラニン色素を還元する、というダブルの美白効果があります。

ビタミンCの成人の1日の摂取基準は100mg(約レモン1個分)です。
しかしビタミンCストレスや喫煙、飲酒などにより消費量が高まるのでできるだけ多く摂ると良いです。
また、ビタミンCは2、3時間で体外に排出されてしまうので一度にたくさん摂取するよりもこまめに摂りましょう!

★ビタミンCを多く含む食品★
ブロッコリー 芽キャベツ イチゴ
ブロッコリー めきゃべつ 苺
キウイ グレープフルーツ 赤ピーマン
キウイ グレープフルーツ 赤ピーマン
菜の花
菜の花

など。

ビタミンCの目安量はこちら

今回は野菜たっぷりクリームシチューを紹介します。
レシピはこちら

次回(8/24)はビタミンC以外のお肌にいいものを紹介します。
まさし

今回は

ビタミンC

の説明をしていきます。

ビタミンCは細胞間のコラーゲン生成と保持に関わっている大切なビタミンです。
不足すると、血管や粘膜、皮膚などの細胞間がゆるみ出血しやすくなったり、肌にハリがなくなるという症状が出ます。

人間はストレスを感じるたびに、そのストレスに対抗するため「抗ストレスホルモン」がつくられます。
この時に大量のビタミンが消費されるのです。
具体的な例を出すと、出会い頭の車に驚いた瞬間で、ビタミンCが約500mg消費されます。
これは約レモン5個分のビタミンCに相当します。
こうした、一瞬のストレスで済めばいいのですが、長時間ストレスや不安が高じた状態でいるとビタミンCの消費が激しくなり、脳細胞の成分に酸化が起こり、働きが低下することがわかっています。

ワンポイントアドバイス
1日に望ましい摂取量は、250㎎~400㎎です。
摂取後2~3時間で排泄されるので、摂取回数を多めに、1日数回に分けて採りましょう。
喫煙はビタミンCの慢性的な欠乏状態を引き起こすこともわかっています。
喫煙量の多い人は、所要量より少し多めに摂取するようにしましょう。詳しくはこちら
ビタミンEを一緒に摂取すると、抗酸化作用が高まりガン予防の効果も期待できます。
鉄分を一緒に摂取すると、鉄分の吸収を良くする働きがあるので、貧血に効果的です!!

では、ここから肌に効果的なビタミンCの摂取方法をご紹介します。
ビタミンCはコラーゲンの生成に必要不可欠ですが、年齢とともに皮膚に含まれる量が減少します。
また、サプリメントなどでビタミンCを摂取しても全身がビタミンCを使うので、皮膚細胞まで到達しないのです・・・(>_<)
そこで、ビタミンCを肌に届けるには、やっぱり塗るしかないんです。
かといって、ビタミンC入りのカプセルを割って、肌に直接塗るのは、やめましょう!!
肌がヒリヒリして、効果はありません。

ビタミンC入りの乳液やクリームがあるので、そちらを使用してください。
乳液のほうがクリームよりも強力で、効果があるのですが刺激も強いので、敏感肌の人はクリームのほうがよいでしょう。

注意
ビタミンCは体内で蓄積できないので不足しがちになるのですが、摂りすぎると下痢、嘔吐、頻尿になることがあるので注意が必要です。
スポンサーサイト
TB:0CM:0
<< 今週のテーマ:紫外線は美肌の敵!!きれいな肌を取り戻そう!(その2) 8/24(水)ホーム全記事一覧IT社会の強い味方!! ブルーベリー 8/19(金) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://quickkenshin.blog16.fc2.com/tb.php/28-4dbe5b45

プロフィール

quickkenshin

Author:quickkenshin
村田 浩子【管理栄養士・健康運動指導士】

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 カラダ健康美人計画★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。